カウンセラー紹介

しみずともこ
しみずともこ
ご挨拶
こんにちは。はじめまして、カウンセラーのしみずともこです。
わたしは、20代のときパニック障害になりました。原因はわかりませんが、それは突然やってきました。
心療内科やカウンセリングルームにも通い、家族だけでなくまわりの人々にもたくさん助けられました。
それは、どんな自分であっても受け入れてくれる人がいることを初めて実感した出来事でした。

その後、結婚をして、子どもを授かり子どもを育てていくと同時に自分自身も子どもに親として育ててもらい、働く中で子どものころには感じなかった不安や悩みを抱えながら生きていることに気づきました。

人間である以上、生きていれば何かにつまづき・悩み・傷つくことはあります。
でも、そんな時に限って人に相談することができないのかもしれません…。

こころは、お天気と一緒です。
晴れの日もあれば雨の日や曇りの日もあって、時には嵐になったり…。
そんな時もあっていいのです。

どんな気持ちの時も、あなたはあなたの気持ちを大事にしてください。
それは、あなたにしかわからないことだから。
誰のものでもない大事な大事なあなただけの気持ちだから。

しあわせは人から人へと伝わっていきます。
あなたがしあわせを見つけたときは、あなたを見たまわりの人もしあわせな気持ちになるはずです。
でも、人にしあわせを分けてあげる時は、まずはあなたがしあわせになっていてくださいね。
あなたとほんの小さなしあわせを一緒に見つけることができたら私はしあわせに思います。
私にあなたにとってのしあわせを探すお手伝いをさせてください。

お話ができなかったら、話さなくてもいいので(株)こころ家を訪ねてみてください。
経歴
岐阜県 大垣市出身
大垣日本大学高校卒業後、看護学校へ進学し3年次中退。
その後、生命保険販売員・医療事務・看護補助員に従事。
子どもの発達つまづきを指摘され、
お父さん、お母さんの不安を軽減したいと思い、カウンセラーの資格を取得。
資格
ポジティブ心理学インストラクター
登録販売者資格
活動実績
20代~50代の女性を中心に
恋愛・子育て・家族・職場の人間関係の相談
末武由貴子
末武由貴子
ご挨拶
実は私は人に話しを聴いてもらうことが苦手です。
苦手だからこそ「話しを聴くこと」を探求してきました。

私は父が苦手でした。
父は子どもとのコミュニケーションが極端に下手で仕事に全力を注いだ、強くて強烈な人。
子どもの私にとって気安く話せる人ではなく常に緊張感があり、同じ空間が居心地悪いと感じる存在。受け入れてもらうためには自律して人に頼らず自分で何でも対応する強さが私にも必要でした。

小学 3年生のある日、母が生まれ育った岐阜の山奥の村に向かう時、父と二人で車に乗ることに。村までは2〜3時間。
大好きな場所に行くはずなのに気持ちは重く、緊張しながら出発しました。 
が、その日父は上機嫌。
楽しそうに自分の子どもの頃の思い出話をずっと聴かせてくれました。
その車内での父の嬉しそうな幸せな様子を今でもはっきり覚えています。初めて父との関わりを感じた日でした。

楽しそうに話す父をみられたこと嬉しかった。
これが私の、人の話しを聴く出発点となりました。

それから10年後、インドやタイ、ネパールでボランティア活動をしながら様々な環境で、
時に非常に過酷に生きる人と接して、本当に人の役に立つってどういうこと?
これがテーマとなり、「話しを聴く」を学んでいきました。援助の仕事で聴く力は大切でした。

さらに10年後、心理学セミナーと出会い15年間で千人以上の方のお話を聴きながら、
人の役に立つ聴き方を学び探求を続けてきました。

今の私にとって聴くことは、
人の役立つと同時に、
人と繋がれ、人と関わり、私の居心地よい居場所をくれ、私を守り、支えてくれ、喜びや学び、多くを与えてくれるものとなりました。

子どものとき、本当は私に興味をもって欲しかった。横に座ってゆっくり話を聴いて欲しかった。気持ちを一緒に受けとめて欲しかった。私をわかって欲しかった。

そんな思いを私たちは、心のどこかにもっています。

話を聴いてもらうことは、自分で自分の声を聴くこと。

ゆっくりあなたのお話しをお聴かせください。
経歴
岐阜県各務原市出身
福祉大学卒業  
国内外で10年間、青年海外協力隊やJICA、NGO、NPO、マザーテレサ施設などで国際協力事業に従事
不動産会社に8年間勤務
資格
社会福祉士
精神保健福祉士
認定心理士
宅地建物取引士
賃貸経営管理士
遺品整理士
活動実績
15年間心理学セミナーの講師として沢山の人の人生に関わる

現在は子育てをしながら、足もみよもぎ蒸しサロン運営、心理カウンセリング、セミナー講師として
心と身体の両面から整えるケアを行なっている。
松井智枝
松井智枝
ご挨拶
はじまして、カウンセラーの松井智枝です。

私の父は気性が荒いうえに高圧的で頑固一徹な人、
母は抑圧的で何もかもを押さえつけてくる人でした。
似たもの同士の両親は毎日のようにぶつかり合っていました。
また自営業だったので毎日家にはいましたが、土日も仕事だったので家族で一緒にでかけた記憶もほとんどありません。

友達にはいつも両親が家に居ることを羨む子さえいましたが、家にいるだけで相手をしてもらえない私には寂しさや、孤独感しかありませんでした。

笑っていればこっちを向いてくれると思い、笑顔でいつづけることにしましたが、それは自分の心をコンクリートの箱に閉じ込めるようでした。

”私の話を誰かに聞いて欲しい”、”この気持ちに気づいて欲しい”と思っていましたが、誰にも話せないまま大人になりました。

ところがある日、友達から「本当に心から笑えてる?」と言われたときに私は言葉が出ませんでした。
その時、今でも心から笑えていない自分、まだあの箱の中に居続けている自分に気づき、“今なら話せるかも”と思いました。
自分の思いを人に話すことで、あの箱の壁が少しずつ剥がれ落ち、中に光が当たり始め、本当の自分が出てきたような気がしました。

心が救われ同時に偽りの自分が消え、ありのままの自分が出せた瞬間であり
話をできることの安堵、自分の話を聞いてくれる人が居る事の有り難さを知りました。

今度は私が支え助けていきたいと思いカウンセラーになりました。
私は自分自身の経験を通して「ひとりじゃないよ!!」と伝えたいです。

まわりから”羨ましい”と思われても、あなたにしか分からない気持ちがあります。
私のようにずっと心の奥で怯えながらいる本当の自分はいませんか?

どうしていいかのか分からないことや、言いたいのに言えないことなど、ひとりで不安を抱えていませんか?

どんなな些細なことでも大丈夫です。
私は、ありのままの自分で、楽しく生きられるようにサポートしていきたいです。
一緒に人生を変えていきましょう。
経歴
岐阜県立岐阜第一女子高等学校
製造業、建築業、運送業、サービス業、配達員、医療事務、幅広く経験し、
交通事故で動けなくなった時に心理学を学びメンタル心理カウンセラーを取得。
その後、訪問カウンセリングや介護福祉、企業の相談。
今現在は、特別支援学校で勤務しながらカウンセラーとしても働いています。
資格
メンタル心理カウンセラー
活動実績
・訪問カウンセリング  
・SNS電話悩み相談  
・子育てに関する悩み相談
・介護福祉、企業の相談員
溝俣ともみ
溝俣ともみ
ご挨拶
私は小さい頃から、自分は生まれてきてよかったのか、
なんのために生きているのか、
そこにどんな意味があるのかをずっと考えていました。

両親は支配的な人で、「できなければ意味がない」
という思考のもと育てられました。
身体が小さく身体能力も極端に劣っていて、みんなが当たり前にできることをこなすことが難しかった私は、「自分は普通じゃない、ここにいてはいけない」と思っていました。

そんな私が唯一自分の存在を実感する時間は、大好きな歌をうたったり、バレエを踊っているときでした。
自分の想いを込めて表現する・・・それが誰かに受け入れてもらった時、私は自分の存在を許されたような感覚を持ったのです。

「ここにいていいんだよ。あなたはあなたでいいんだよ・・・」

自分を表現することは、「こころの居場所」を持つことです。

あなたはご自分を表現されていますか?
気持ちをのみ込んで我慢されていませんか?
こころから笑えてますか・・・?

自分を表現することは、あなたの気持ちを大切にすること
我慢しないで私に話してみてください。
こころのこわばりを一緒にほぐしていきましょう!
そして、一緒に「こころの居場所」を作っていきませんか・・・
経歴
経歴
岐阜県 大垣市 出身
岐阜県立大垣南高等学校卒業後、好きだった歴史を学ぶため
愛知学院大学 文学部 歴史学科へ進学
卒業後、人材派遣会社、家庭教師、サービス業に従事

結婚後、家族関係、子どもの不登校に悩みながらも、
アイ・ディアヒューマンサポートアカデミーで
カウンセリング、芸術セラピーを学ぶ
現在、放課後児童支援員として教育現場の最前線にたち、心理カウンセラーとして活動
資格
プロフェッショナル心理カウンセラー(一般)
SNSカウンセラー
ストレスチェックコンサルタント
中学校教諭社会科一種免許
高等学校教諭社会科一種免許
放課後児童支援員
活動実績
中高生のためのSNS相談
自治体の女性相談
子ども虐待防止相談
自殺防止対策
通信制の教育カウンセラー
介護施設でのセラピーレクリエーション

ブログ「身近に癒される芸術セラピー」
https://ameblo.jp/mizomata/

西村法将
西村法将
ご挨拶
18歳の時に両親の離婚で希望する進学先を諦めることになり、不登校・うつ・不眠などになりました。
それ以来、長続きせず何度も転職を繰り返しておりました。
こんなことをしたくて今まで頑張ってきたわけではない!という思いがずっと心の中にいました。

そして28歳の時に、悪性リンパ腫になり、約半年の抗がん剤治療をしました。
闘病中に今までを振り返る中で
・後悔することがたくさんある
・やりたいことがまだあるということ
様々な事を見つめ直す時間となりました。

また前の職場では、ストーカーの被害にあいました。
毎日、数百通送られてくるLINEや電話。
家の前での待ちせなどが約1年。
職場や家族にも相談できないと思い、心身ともに疲れ果ててしまいました。

ある日、昔からの友人と話している中でふとその話をしました。
話すことで今までの気持が少し楽になり、警察に行くことや、家族に話す勇気を持てるようになりました。
その後、1か月も経たないうちに、ストーカー被害は決着がつきました。
あの時話をしていなければ、今でも続いていたかもしれません。

今でも、ふとした瞬間に思い出したり、不安になることもあります。
でも、不安な気持ちを友人や家族に話すことで落ち着くことかできます。

このような今までの経験から、同じように苦しんでおられる方をサポートしたいと思い
心理カウンセラーとなりました。

あなたが一歩踏み出すための、心の準備をお手伝いさせていただきます。
経歴
大垣北高校卒業
中央大学法学部中退
公務員、サービス業。製造業など複数の仕事を経験
カウンセラーになる前は製造業にて工程管理者として6年勤務
資格
・プロフェッショナル心理カウンセラー 一般(全国心理業連合会)
・ハラスメントサポートカウンセラー
・愛玩動物飼養管理士
・第一種衛生管理者
活動実績
子どもと親へのLINE相談
介護施設での芸術セラピーによるセラピーレクリエーション